2017年01月06日

【独り言】統一教会の悲しい幻想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村

すべての人種、民族、思想をミキサーにかけて均等にすれば地球村地上天国が出来上がるというところに

統一教会の悲しい幻想があると思う。

もっと悲しい幻想は、その頂点に立つのが朝鮮人だと言う事を認識しながら矛盾も感じない所だとおもう。

家庭明誓三番目には何と書いてあります?

三、天一国主人、私たちの家庭は、真の愛を中心として、四大心情圏と三大王権と皇族圏を完成することをお誓い致します。

ここにははっきりと「皇族圏」とあります。

地上天国になったら「皇族圏を完成する」と言っているのです。

じゃあその皇族圏には誰がなるのでしょうか?

文一族?それとも韓一族?

いいえ、朝鮮民族がそれに当たるのではないでしょうか?

つまり、地上天国が出来たら、李氏朝鮮で言う所の両班が朝鮮民族になり、それ以外は奴婢だと言っているようなものじゃないでしょうか?

そんな地上天国なんてまっぴらごめんですよ。

ともかく、地上天国ができたら、皇族圏が出来ると言う事は確かですよね?統一教会さん

日本人にとって皇族と言ったら天皇陛下とその血を引き継ぐ一族以外考えられないのです。

ですのでたかだか、50年の皇族もない統一教会が皇紀2677年の伝統を持つ日本をどうこうしようというのがおこがましいのです。

韓鶴子は、本当に皇族圏を作りたければ、素直に土下座して天皇陛下に「日本の皇族を勉強させて下さい。」と頭を下げて学ぶべきなのです。

素直に「日本の伝統ある皇族が羨ましいです。」と言えばいいのに。

文鮮明など、天皇陛下が羨ましくて、羨ましくて仕方ないので嫉妬まみれに「天皇陛下と私とどっちがえらいか比べてみなさいと言うんだね。」なんてふざけた幻想を抜かしていました。

文鮮明もホント、日本人には云いたい事を言いまくっていた妄想ジジ様でしたよね。

もっと素直に「日本が羨ましい、先生は、日本人に生まれたかったと言うんだね。」と言えば良かったのに。

最も、それが出来たら、朝鮮人じゃないですし、統一教会なんてやっていませんよね?

結局、火病持ち妄想持ち幻想言いまくりの欠陥民族はプライドが人一倍高いのが特徴ですから。

皆さんもそう思われるでしょう?w






posted by 田黒吾寛 at 11:37| Comment(4) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

福島の仏像地蔵破壊のチョン被告の逮捕に 現地住民「日本人にできるかな、と思っていたけど、やっぱりね、という感じ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村

チョン被告は昨年11月上旬に羽田空港から入国し、福島県内に移動したことが分かっている。これまでの県警の調べに対し、「持参していたスマートフォンで、寺や神社を探し、狙った」「福島は(東日本大震災や原発事故などで)韓国で有名だから、福島を目指した」などと話しているという。

逮捕容疑は昨年12月9日夜、泉崎村の烏峠稲荷神社のキツネの石像2体を壊した上、本殿に侵入し、キツネの木像をなどを壊すなどしたとしている。

同県内では昨年12月、福島市から白河市にかけて南北約80キロの範囲で寺や神社から仏像や地蔵像が壊されたとの被害届が相次ぎ、損壊数は少なくとも22カ所で119体に上っており、県警が関連を調べている。

また、昨年12月3日から同月5日にかけて、須賀川市の半径約1キロの範囲にある寺や共同墓地計5カ所で仏像などの損壊被害があり、周辺の防犯カメラには男の姿が映っていたという。県警では、男がチョン被告ではないかとみて調べを進めている。

捜査関係者によると、チョン被告は逮捕段階では容疑を認め、通訳を介した調べにも素直に応じている。一方で、「韓国大使館には知らせないでくれ」「家族にも連絡を取らないで」と話しているといい、実際に家族や親類縁者は訪ねてきていないという。

「家出同然だったのではないか」。ある捜査関係者は、チョン被告の行動をこう推測する。観光ビザで入国したチョン被告は、新幹線で福島を目指し、その後はほとんど徒歩で移動していたとみられる。しかも、ホテルなどの宿泊施設を使用した形跡はなく、ほとんどを屋外で過ごしていたとみられるという。逮捕時にキャッシュカードは持っていたものの、所持金はほとんどなく、リュックサックの中からは鉄パイプが見つかった。

そんな放浪のような移動の過程で、チョン被告はスマートフォンで寺や神社を検索。目にとまった神社などに侵入して、仏像や地蔵像を損壊していたとみられる。逮捕容疑以外は否認しており、はっきりとした動機は伝わってこないが、寺社仏閣での犯行態様や供述などから考えると、背景に反日感情のようなものはなかっただろうか。

平成27年の靖国神社の爆発音事件で、建造物侵入や火薬類取締法違反罪などに問われた韓国籍の男は昨年7月、東京地裁から懲役4年の実刑判決を受けた。その際、裁判官から「靖国神社で騒ぎを起こせばマスコミの関心を引けると考え、犯行を思い立った」と指摘されている。男は公判で「反日感情はなかった」としているが、捜査段階では「A級戦犯の合祀や首相の靖国参拝に不満があった」などと供述していたという。

韓国では景気低迷が深刻化し、若者の間で「ヘル朝鮮」(地獄のような朝鮮)という言葉が流行。靖国神社の事件でも、男は軍隊を除隊後、職に就けず車上生活をしていたことが分かっている。今回のチョン被告の場合は、どうだっただろうか。

被害のあった須賀川市の共同墓地の近くを歩いていた78歳の女性は「お地蔵さんの首を切って、その辺に置いておくなんて日本人にできるかな、と思っていたけど、やっぱりね、という感じ。私たちが大事にしているお地蔵様がこんな目に遭わされると、悲しいという言葉では言い表せません」と話した。
http://www.sankei.com/premium/news/170101/prm1701010093-n1.html
http://hosyusokuhou.jp/archives/48781827.html



福島の神社を荒し回っていたのは韓国人のチョン容疑者でした。

そもそもピザ無しで簡単に入国を許すからこんなことになるのです。

韓国・朝鮮人は敵国なのです。

下記にこれまで事件になった焼失神社のまとめを引用します。

■焼失神社 まとめ (2005年以降)
2005年05月05日 広島県宮島町 弥山頂上近くの大聖院 霊火堂から出火、山林約200!)焼ける
2005年06月18日 京都市 仁和寺宿舎で2日連続ボヤ ぞうきん50枚が焼ける

2006年04月24日 秋田県横手市 秋葉山神社が全焼 火災予防の神様
2006年09月13日 東広島市 西宮神社の神殿 全焼
2006年09月29日 三重県津市 清光寺でボヤ
2006年10月29日 静岡県富士市 立光寺の本堂・住居全焼
2006年11月15日 静岡県袋井市 可睡斎 奥の院不動明王堂が全焼
2006年12月25日 東京都西浅草 寿仙院の住居2F部分が焼失

2007年01月23日 名古屋市 神明社 社殿半焼
2007年02月25日 千葉県市川市 春日神社 賽銭ドロに失敗、転んでけが…腹いせに放火
2007年05月05日 兵庫県神戸市 良勝禅寺が全焼
2007年05月19日 高知市御畳瀬 西法寺が全焼
2007年06月26日 神奈川県川崎市 琴平神社 本殿と拝殿が全焼
2007年08月19日 静岡市葵区 浅間神社 一部焼失 88年93年にも同じ男が同じ神社に放火
2007年09月02日 京都市船岡山公園 テントに不審火 建勲神社の隣
2007年09月14日 京都市 建勲神社 境内にある義照稲荷神社の賽銭箱が燃える
2007年09月27日 広島市 被爆の“証人”、邇保姫神社が全焼
2007年10月16日 山梨県甲州市 清水寺 本堂全焼
2007年11月23日 富山市 光輪寺 全焼


2008年02月09日 埼玉県三郷市 香岩寺が全焼 木造阿弥陀如来立像も焼失
2008年03月16日 富山市 神明宮 全焼
2008年03月22日 山形県高畠町 金像寺 全焼  
2008年03月27日 埼玉県幸手市 八幡神社が全焼 犯人逮捕
2008年03月31日 石川県小松市 熊野神社 全焼
2008年03月31日 長崎県五島市 民家や大宝寺倉庫が全半焼 古文書や掛け軸も
2008年04月09日 滋賀県長浜市 日吉神社 本殿と拝殿が全焼
2008年04月22日 新潟県上越市 念妙寺が全焼 一人けが
2008年05月03日 岡山県津山市 八出天満宮が全焼、3キロ西の別の寺院でもボヤ
2008年05月07日 京都市 長楽寺から出火 30分で消火、仏像等は損傷無し
2008年05月08日 栃木県鹿沼市 戦没者慰霊の招魂社本殿・天満宮が全焼 山林200!)も焼ける
            鹿沼市白山神社も全焼 (2006〜7年には同市内の神社に連続放火3件)
2008年05月10日 福島県白河市 琴平神社 本殿拝殿全焼、周囲の杉の木も焦げる
            同市内の神社に3件不審火あり
2008年05月19日 大分県佐伯市 松崎神社が全焼 他、5件の放火容疑有り
2008年05月23日 大阪府吹田市 国重文の吉志部神社本殿 全焼  
2008年07月15日 秋田県鹿角市 常照寺全焼、虚空蔵菩薩は行方不明
2008年08月02日 岩手奥州市 雲際寺の本堂・位牌堂・住宅が全焼 義経を弔う寺
2008年08月14日 秋田県男鹿市 嶺徳院 本堂全焼
2008年08月14日 京都市 醍醐寺西国三十三観音霊場第11番札所・准胝観音堂 全焼
2008年09月09日 福島県白河市 矢越神社の本殿・拝殿が全焼
2008年10月17日 宮城県仙台市 寛行院の大日如来堂と住職の住居が全焼
2008年10月29日  〃       〃    本殿・神楽殿・神饌所全焼
2008年10月29日 福島県会津美里町 伊佐須美神社で火災 本殿などを全焼
2008年10月20日 岐阜県土岐市 久尻神社の弓道場「弦武館」から出火
2008年12月07日 愛媛県宇和島市 龍光院本堂から出火 八割近く焼失


2009年02月03日 神奈川県伊勢原市 高森神社 本殿・拝殿、八坂神社の本殿が全焼
2009年02月14日 岐阜県笠松町 無動寺の光得寺内の住職宅が全焼、住職の義母が死亡
2009年02月18日 奈良市大和田町 白龍神社が全焼
2009年02月23日 兵庫県姫路市 光久寺 重要有形文化財の本堂(護摩堂)が全焼、住職夫妻が火傷
2009年02月26日 神奈川県相模原市 石楯尾神社の休憩所・車庫が全焼
2009年03月12日 奈良県天理市 出雲建雄神社拝殿の格子戸など7箇所焼損
2009年03月26日 岐阜県大垣市 正林寺 本堂・庫裏が全焼 幕末の掛け軸、絹本着色十六善神図が焼失
2009年03月29日 神奈川県小田原市 赤沢観音堂が全焼

↑ ↑ 自民政権 ↑ ↑
↓ ↓ 民主政権 ↓ ↓

2010年04月23日 岐阜県揖斐川町 天聖大神社 神主の知人が放火、全焼
2010年09月01日 福島県会津坂下町 諏訪神社 本殿・拝殿・参集殿など全焼
2010年10月 埼玉県春日部市周辺で5箇所連続放火
 20日越谷市稲荷神社全焼
 21日春日部市谷原香取神社の本殿拝殿全焼
 25日春日部市稲荷神社床焦げ
 25日春日部市八坂神社本殿全焼
 25日春日部市備後須賀稲荷神社、拝殿全焼
2011年01月09日 神奈川県厚木市 浅間神社全焼 賽銭箱裏側から火
2011年03月15日 岐阜県大垣市 白鬚神社が全焼
2011年08月06日 千葉県成田市 宝徳寺観音堂 全焼
2011年09月18日 京都市 三縁寺の本堂全焼
2011年11月26日 静岡市 美濃輪稲荷神社が全焼 清水次郎長ゆかりの神社
2011年12月26日 東京都千代田区 靖国神社楼門の一部焼ける

2012年01月28日 千葉県八街市 皇産霊神社 本殿全焼
2012年01月28日 千葉県八街市 氷川神社 敷地内の公民館で出火
2012年02月03日 兵庫県姫路市 広峯神社 重文指定の本殿の屋根が焼ける 
2012年05月07日 山形県山形市 柏倉八幡神社 本殿・拝殿全焼
2012年12月09日 栃木県足利市 八雲神社、火災で本殿などが全焼
2012年12月17日 滋賀県米原市 一念寺本堂が全焼

↑ ↑ 民主政権 ↑ ↑

↓ ↓ 自民政権 ↓ ↓

2012年12月20日 和歌山市 満願寺本堂が全焼
2012年12月24日 岡山県 金山寺、国指定重要文化財の本堂全焼・木造阿弥陀如来坐像も焼失

2013年01月04日 京都市 愛染院敷地内住宅から出火、住職が死亡
2013年01月06日 福井県美浜町 西誓寺本堂が全焼、仏像を抱きながら住職が焼死
2013年01月13日 富山県魚津市 火の宮神社の社殿が全焼
2013年01月23日 和歌山市 普門寺の本堂全焼
2013年01月26日 福島県白川市 天神神社、本殿などが全焼
2013年02月11日 東京都八王子市 千代田稲荷大明神の拝殿が全焼
2013年03月07日 神奈川県座間市 栗原神社の神楽殿・民家2棟が全焼 米国籍15歳少年が放火
2013年04月01日 福島県飯舘村 山津見神社が全焼、一人の遺体が発見
2013年04月10日 熊本県玉名郡 片峯菅原神社の本殿・物置が全焼
2013年04月10日 東京都高尾市 千代田稲荷大明神の拝殿全焼 賽銭箱が空で逆上し放火、逮捕
2013年05月01日 東京都三鷹市 井の頭公園内の親之井稲荷尊神社から出火 放火の疑い
2013年05月15日 長野市 八幡神社 拝殿・神殿が全焼
2013年06月08日 新潟県魚沼市 四日町諏訪神社の本殿 全焼 雷が原因か
2013年06月08日 大阪府富田林市 正受寺と前住職の住宅が全焼
2013年07月07日 愛知県安城市 法蔵寺の一部が燃える
2013年07月22日 岩手県盛岡市 瀧源寺の本堂全焼、しだれカツラの葉が熱で変色
2013年08月02日  〃      〃  2度目の出火
2013年08月10日 愛媛県松山市 宝厳寺が全焼、国指定重要文化財「木造一遍上人立像」が不明
2013年09月11日 茨城県ひたちなか市 湫尾神社の本殿拝殿 全焼
2013年09月14日 茨城県ひたちなか市 金砂神社の本殿拝殿 全焼
2013年09月22日 愛媛県松山市 厳嶋神社 拝殿・神輿が全焼
2013年09月22日 靖国神社 トルエン持参の韓国人男が放火目的で侵入 テロレベル
2013年10月12日 神奈川県川崎市 「天照大神」本殿・神輿など全焼 例大祭の前日
2013年10月16日 福島県南相馬市 光慶寺、本堂と事務所全焼 震災避難区域 
2014年04月20日 神奈川県厚木市厚木町の厚木神社の神楽殿と敷地外の3階建てビル、
2階建ての民家2棟がほぼ全焼した。
14年05月01日 滋賀県甲良町 西明寺 油性スタンプによる汚損 天台宗寺院、金剛輪寺、百済寺でも 被害
14年05月02日 広島県福山市 大観寺 本堂と倉庫他400平方メートル 全焼
14年05月04日 京都市西京区 法輪寺 収蔵庫の鉄製扉や外壁、石像など12カ所にスプレーによる汚損
14年05月31日 滋賀県米原市 善楽寺 本堂、書院、庫裏 全焼
14年06月01日 さいたま市桜区 氷川神社 社務所 全焼
14年06月06日 佐賀県鳥栖市 姫古曽神社 拝殿・神殿 全焼
14年06月11日 東京都台東区 浅草寺 境内の地蔵菩薩像(子育て地蔵)3体破壊 サウジアラビア籍 モハマド・アブドゥラ・サード 逮捕 余罪有
14年07月15日 福岡県糸島市 志登神社 本殿、拝殿 全焼
14年07月28日 東京千代田区 神田明神 「不適切な絵馬は撤去」の表示
14年08月07日 愛媛県松山市 飯岡神社 本殿のしめ縄 不審火-消火
14年10月01日 北海道釧路市 市営墓地 29体の地蔵のうち8体 損壊
14年11月25日 長崎県対馬市 梅林寺 有形文化財「誕生仏」盗難 金相鎬など韓国人4人逮捕
14年11月27日 長崎県対馬市 博物館で仏像を一括管理検討
14年12月03日 栃木県栃木市 神倉神社 全焼
14年12月04日 栃木県栃木市 根渡神社 全焼
14年12月30日 群馬県高山神社 全焼
14年12月31日 東京都千代田区 靖国神社 一部

15年01月07日 富山県富山市 八幡社 全焼
15年01月10日 千葉県香取市 境宮神社 拝殿と本殿 全焼
15年01月11日 千葉県香取市 境宮神社 全焼
15年01月11日 岐阜県瑞穂市只越 神社名不明 火災
15年01月31日 高知県高知市 山内神社 社務所が半焼
15年02月04日 佐賀県佐賀市 無量寺 お堂に韓国国旗が掲げられる
15年02月06日 京都府向日市 向日神社 拝殿に「火事になれ」と落書き
15年02月11日 静岡県静岡市 山王寺 全焼
15年02月13日 大阪府出雲井町 枚岡神社の裏山 宗教法人徳成寺 ”地図にない廃神社”バラックに韓国人 不法占拠か?
15年02月17日 京都市東山区 高台寺 倉庫全焼
15年03月15日 滋賀県東近江市 安楽寺 本堂内の厨子の一部延焼
15年03月27日 千葉県市原市 玉前神社 全焼
15年03月31日 千葉県千葉市 圓福寺 本堂と木造の住居部 全焼
15年04月04日 京都市西京区 西芳寺(世界遺産) 阿弥陀如来像 盗難
15年04月05日 奈良県桜井市 長谷寺 木造十一面観音立像 液体の跡
15年04月07日 奈良県明日香村 二条城 国宝・二の丸御殿内で油の跡を20カ所発見
15年04月07日 奈良県明日香村 岡寺 仁王門(重文)本堂など7つの建物で油のような液体
15年04月07日 奈良県明日香村 橘寺 油のような液体
15年04月07日 奈良県明日香村 飛鳥寺 計4カ寺の重要文化財などで被害が相次ぐ
15年04月07日 奈良県明日香村 飛鳥坐神社 賽銭箱などの4カ所に油のような痕跡
15年04月08日 京都市西京区 西芳寺(世界文化遺産)茶室から阿弥陀如来坐像1体 盗難
15年04月08日 奈良県吉野町 金峯山寺(世界遺産)本堂外側の柱 木造蔵王権現立像(重文)など4カ所
15年04月08日 奈良県吉野町 東南院 油の被害
15年04月08日 奈良県橿原市 久米寺 本堂 金剛力士像 計10カ所に痕跡
15年04月09日 奈良県橿原市 橿原神宮(祭神 神武天皇)外拝殿の外壁など計7カ所 油の痕跡
15年04月09日 京都市南区 東寺(世界遺産)御影堂(国宝)灌頂院東門(重文)も同様の被害
15年04月09日 香川県琴平町 金刀比羅宮 旭社(重文) 油のような液体
15年04月09日 茨城県鹿嶋市 鹿島神宮 拝殿や奥宮(重文)10カ所に液体跡
15年04月09日 千葉県香取市 香取神宮 境内の重要文化財「楼門」の柱など十数か所に油のような液体しみ
15年04月10日 千葉県成田市 成田山新勝寺 三重塔など4つの重要文化財を含む12の建造物で液体がかけられる
15年04月10日 京都市左京区 狸谷山不動院 油のような液体
15年04月10日 静岡県三島市 三嶋大社 拝殿(重文)の柱に油のような液体
15年04月11日 奈良県奈良市 春日大社(世界遺産)南門(重文)の扉や柱に油のような液体 
15年04月11日 奈良県桜井市 普門院 不動堂の賽銭箱や畳などで被害
15年04月11日 奈良県櫻井市 唐招提寺 油のあと
15年04月13日 兵庫県姫路市 天台宗書写山円教寺 仁王門 柵の隙間に接着剤
15年04月15日 新潟県弥彦村 弥彦神社 拝殿など7カ所に油
15年04月23日 愛知県岩倉市 稲荷社 拝殿祠 全焼
15年04月25日 福岡市中央区 警固神社 今益稲荷神社キツネの石像4体すべてが破壊
15年04月25日 東京杉並区 白山神社 社の一部が焼ける
15年04月26日 大分県宇佐市 宇佐神宮(国宝)亀山神社のさい銭箱や木製扉、柱など約20カ所に 油のような液体 
15年04月27日 栃木県日光市 日光東照宮 奥宮拝殿 参道の階段 陽明門(国宝)の壁画 約20カ所に白い粉
15年04月27日 京都市東山区 清水寺(世界遺産)本堂(国宝)内西側の廊下に油のような液体
15年04月28日 山形県鶴岡市 善寳寺 油のような液体
15年04月29日 山形県鶴岡市 出羽三山神社 国宝羽黒山五重塔 羽黒山東照社 液体がまかれる
15年04月30日 京都市伏見区 伏見稲荷大社 稲荷山で火災
15年04月30日 茨城県ひたちなか市 勝倉神社 拝殿や外塀の屋根の銅板約240キロ 盗難 同様の被害 11件
15年05月01日 茨城県水戸市 春日香取神社 屋根の銅版65枚 盗難
15年05月01日 山形県寒河江市 慈恩寺 本堂(重文) 油のような液体
15年05月01日 山形県鶴岡市 出羽三山神社 羽黒山五重塔(国宝)油のような液体
15年05月01日 山形県山形市の立石寺 油のような液体
15年05月07日 千葉県鋸南町 鋸山にある日本寺 参道脇の聖徳太子の石像 破壊
15年05月08日 東京都港区 心光院 表門の柱と扉部分に油がかけられる 米国在住の帰化韓国人に逮捕状
15年05月12日 東京都新橋 烏森神社 火災
15年05月18日 東京港区 光明寺 納骨堂の床 油のような液体
15年06月03日  倉敷市下庄 宝福寺 車庫 全焼
15年07月26日 千葉市中央区 西千葉稲荷大明神 のぼりが焼かれる
15年07月22日 神戸市須磨区 那須神社 付近で火災
15年08月10日 香川県三木町 八坂神社 火災
15年09月05日 静岡県伊豆の国市 韮山反射炉(世界遺産)壁に複数落書きにハングル文字
15年10月10日 青森県上北郡 沼端稲荷神社 全焼
15年10月12日 千葉県松戸市 王子神社 本殿 全焼
15年10月25日 愛知県蒲郡市清田町 安楽寺(徳川家ゆかりの寺)本堂全焼
15年11月05日 青森県八戸市鮫町 蕪嶋神社 全焼
15年11月23日 東京都千代田区 靖国神社 敷地内の公衆トイレ 時限爆弾による爆破 一部焼損
15年10月12日 千葉県松戸市 王子神社 本殿 全焼
15年12月10日 福岡市中央区 金刀比羅神社 倉庫 一部焼損
15年12月17日 福岡市西区 白山神社 近くの森で火災
15年12月30日 三重県津市 八乳合神社 社務所、拝殿 全焼
15年12月31日 東京都東村山市 八坂神社 裏の民家 火災
15年12月31日 群馬県藤岡市藤岡 諏訪神社 近くで火災

16年01月07日 宮城県東松島市 新山神社 どんと祭の前日 本殿 全焼
16年03月05日 愛知県東浦町緒川 乾坤院 本堂など全焼
http://nezu621.blog7.fc2.com/?m2=res&no=2605&sp=1&page=1


上記の事件何件だと思いますか?

実に190件の事件なのです。

2005年から2016年までの実に11年間で190件の放火事件があっているのです。

その犯人は韓国人若しくは在日朝鮮人がほとんどなのです。

もし、国交断絶してこう言う輩が入国して来なかったら、神社火災など起きてはいなかったはずなのです。

そう考えると、安易に朝鮮人を入国させることは如何なものかと思います。

よくよく考えてみてください。

今日本の文化財が破壊され続けているのです。

そして日本の財産が急速に失われつつあるのです。

そのことを考えただけでも朝鮮人は日本人の敵として認定しても良いのではないでしょうか?

日本統一教会の朝鮮人幹部にこの神社焼失の件を聞いてみてください。

そして、この焼失の犯人が朝鮮人が多いと言う事をどう思っているのか尋ねてみてください。

きっと何も答えられないのではないでしょうか?

もしかしたら、神社はサタンだから破壊されて当然と思っているのかもしれません。

日本統一教会にいる朝鮮人幹部は、日本にやって来て日本でお世話になりながら、原理こうろんの再臨論の第二節イエスはいかに再臨されるかの(三)東方のその国は、すなわち韓国であるの(1)この国は蕩減復帰の民族的な基台を立てなければならないの箇所に記載されている部分ははっきりと捏造とデタラメの理論を日本人向けに講義しているのです。
それもこれも全て自虐史観を植え付けるためなのです。

(1)この国は蕩減復帰の民族的な基台を立てなければならない
の部分には何と書いてあるのでしょうか、見てみることにしましょう。

韓国民族も、第三イスラエル選民となり、天宙的なカナン復帰路程を出発するための「四十日サタン分立基台」を立てるためには、サタン側のある国家で、四十数に該当する年数の苦役を受けなければならないのであり、これがすなわち、日本帝国に属国とされ、迫害を受けた四十年期間であったのである。
 それでは韓国民族は、どのような経緯を経て、日本帝国のもとで四十年間の苦役を受けるようになったのであろうか。韓国に対する日本の帝国主義的侵略の手は、乙巳保護条約によって伸ばされた。すなわち一九〇五年に、日本の伊藤博文と当時の韓国学部大臣であった親日派李完用らによって、韓国の外交権一切を日本帝国の外務省に一任する条約が成立した。そうして、日本は韓国にその統監(のちの総督)をおき、必要な地域ごとに理事官をおいて、一切の内政に干渉することによって、日本は事実上韓国から政治、外交、経済などすべての主要部門の権利を剥奪したのであるが、これがすなわち乙巳保護条約であった。
 西暦一九一〇年、日本が強制的に韓国を合併した後には、韓国民族の自由を完全に剥奪し、数多くの愛国者を投獄、虐殺し、甚だしくは、皇宮に侵入して王妃を虐殺するなど、残虐無道な行為をほしいままにし、一九一九年三月一日韓国独立運動のときには、全国至る所で多数の良民を殺戮した。
 さらに、一九二三年に発生した日本の関東大震災のときには、根も葉もない謀略をもって東京に居住していた無辜の韓国人たちを数知れず虐殺したのであった。一方、数多くの韓国人たちは日本の圧政に耐えることができず、肥沃な故国の山河を日本人に明け渡し、自由を求めて荒漠たる満州の広野に移民し、臥薪嘗胆の試練を経て、祖国の解放に尽力したのであった。日本軍は、このような韓国民族の多くの村落を探索しては、老人から幼児に至るまで全住民を一つの建物の中に監禁して放火し、皆殺しにした。日本はこのような圧政を帝国が滅亡する日まで続けたのであった。このように、三・一独立運動で、あるいは満州広野で倒れた民衆は主としてキリスト教信徒たちであったのであり、さらに帝国末期にはキリスト教信徒に神社参拝を強要し、これに応じない数多くの信徒を投獄、または虐殺した。それだけではなく、八・一五解放直前の日本帝国主義の韓国キリスト教弾圧政策は、実に極悪非道なものであった。しかし、日本の天皇が第二次大戦において敗戦を宣言することによって韓国民族は、ついにその軛から解放されたのである。
原理講論 再臨論(1)この国は蕩減復帰の民族的な基台を立てなければならないより引用
http://www.unification.net/japanese/dp73/dp73-2-6.html#dp-ch6-3


赤文字部分はまるっきり嘘なのです。

別ブログの引用ですが、日韓併合時代の真実にはこう書いてあります。

親から聞かされた「日本人は親切だった」
 日本には今日、悲しい風説が飛び交い、それによって多くの人々が惑わされています。たとえば、
 「日本はかつて朝鮮を侵略し、朝鮮の人たちを弾圧し、虐待し、搾取し、ひどいことをした」
 といった類の風説です。学校でも習ったでしょう。あたかも事実であるかのように。
 日本は悪者だ、と教え込まれてきたのです。しかし、こうした主張が本当なのか、それとも事実とは違うのか、私たちは、当時の実体験を持つ長老たちに聞かなければなりません。
 韓国人の女性で、呉善花(お・そんふぁ)さんというかたがいます。日韓関係についてたくさんの本を書いているかたですが、彼女は小さい頃、親の世代から「日本人はとても親切な人たちだった」と聞かされていました。
 ところが、学校に入学すると、先生から、「日本人は韓国人にひどいことをした」と教わって、すさまじいばかりの反日教育を受けたのです。それでいつしか、学校で教えられるままに、「日本人は韓国人にひどいことをした」という認識が、彼女の中で常識となっていました。
 彼女はその後日本に渡って、日本で生活するようになりました。すると、かつて親から教えられた「日本人はとても親切な人たちだった」という言葉が、再びよみがえってきたのです。
中略

日本統治下の朝鮮を体験した人々の証言

 たとえば阿部元俊さんは、大正九年、三歳のときに朝鮮に渡り、そこで学生時代を過ごした人です。文字通り、日本統治下の朝鮮を体験したのですが、彼はこう言っています。
 「私が朝鮮にいたころ、日本人による朝鮮人いじめの話は、噂としてもまず聞いたことがありません。とくに、ソウル郊外の水原にいたころは、日本人が少ないからと珍しがられて、地域の人たちはみな親切にしてくれていましたしね。
 少なくとも水原では、私の知る限り、日本人と朝鮮人とが衝突したとか、喧嘩したとか、何かのトラブルがあったといった話は聞いたことがありません。……ソウルでもそうでした。……学校では、
 『ここは朝鮮だ、我々は他人の国によそからやって来て住んでいる。朝鮮人と喧嘩したり、朝鮮人をいじめたりは絶対にしてはいけない』
 と盛んに言われていましたし、親からも厳しくそう言われていました。……
 私の父は医者で、貧困な農民たちの治療に励んでいましたが、それで病原菌をもらってしまいまして、腸チフスと赤痢にかかってしまいました。父が病院を辞めるときには、多くの朝鮮人が家にやって来て、『どうか辞めないで、ここにいてください』と泣いて別れを惜しんでいました。……
 戦後、日本に帰ってから、朝鮮に住んでいた日本人は朝鮮人をさかんに苦しめたという言葉を、当然のようにぶつけられましたが、自分の体験からすると、いったいそれはどういうことなのか、どう考えてもわかりません。
 喧嘩ということだけでなくて、問題になるようないじめとか、差別とか、一般生活者の間ではほとんどなかったということを、私は自分自身の実体験から自信をもって言うことができます」

 このように阿部さんは、一般庶民のレベルでは朝鮮人と日本人は仲良くやっていたと、証言しています。今日、韓国の学校教育では、
 「日帝は、全国いたるところで韓民族に対する徹底的な弾圧と搾取を行ない、支配体制の確立に力を注いだ」
 「日帝の弾圧に苦しめられたわが韓民族は、光復(戦後の解放)を得るまでの間、植民地政策に対して自主救国運動を展開した」
 等と教えられています。このようなことを教えられると、日本人はまるで朝鮮でヤクザのようにふるまい、日本人は朝鮮人を虐待し、両者は至る所で非常に仲が悪かったような感じですね。しかし、実際に朝鮮における日本統治時代を体験した人々に聞くと、まったく違う様子だったのです。

 たとえば、生まれも育ちも朝鮮の新義州(今日の北朝鮮北部)という林健一さんも、こう語っています。
 「日本人による朝鮮人差別ということは、まったくありませんでした。学校で生徒同士は完全に対等で、上級生の朝鮮人が下級生の日本人を呼び寄せて、『お前は服装がなっていない』とか説教することなんかがたびたびありましたね。……
 朝鮮を出て、日本の内地に行きたいとも思いませんでした。朝鮮の人々はよかったですし、私も居心地がよかったですから。……骨をどこに埋めるかと聞かれれば、『朝鮮』と答えたものです」

 また、日本統治下のソウルで青春時代を過ごした吉田多江さんは、こう語ります。
 「近所の子どもたちともよく遊びました。私は朝鮮の女の子たちの長く束ねた髪の毛がうらやましくて、私がさわりたいと言うと、よく触らせてくれました。……何の区別もなくつき合っていました。……
 仲のよかった思い出がいっぱいで、朝鮮人と日本人の間でいじめたりいじめられたりといったことは、本当に見たことも聞いたこともありません。……朝鮮はとても治安がよくて、日本人を襲う泥棒や強盗の話など聞いたこともありません。……横暴なふるまいなど一切ありませんでした。
 戦後になって日本に送還されるときも、家財道具を盗られるなんてこともなく、こちらから知り合いの人たちにあげましたし、彼らはみな喜んで感謝の礼を表してくれました。こんな素晴らしいことって、あるでしょうか。世界に誇れることだと思います。……
 創氏改名(日本人名を名乗ること)を強制的にさせたとも言われますが、私のまわりの朝鮮人はみな終戦までずっと朝鮮名のままでした。
 戦後の韓国で言われてきた歴史には、あまりに嘘が多いと思います。……私はソウルで生まれ、成年になるまでソウルで生きてきましたが、日本人と韓国人が基本的に仲良く生きてきたことは、双方の民族にとって誇るべきことだと思っています」

http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi02.htm


これが真実なのです。
原理講論にかいてあるようなことを日本は、キリスト教徒に神社参拝を強要したことも無く、投獄、虐殺もしていません。さらに、韓国キリスト教弾圧などやってもいません。

更に言うならば、「満州広野で倒れた民衆は主としてキリスト教信徒たちであった」これって、もしかして金九が香港で作った臨時韓国政府に認められず国軍でもないような、抗日運動家の事を指して記述しているのでしょうか?
たしかに韓国復光軍なるものは存在したようですが…。
それでも、世界に軍としても認められず、戦闘にも参加せずに終ったお笑い軍隊モドキを指して行っているのでしょうか?

こう言うデタラメを日本に居ながら日本人を洗脳しているのです。

このことと、神社焼失は関係ないと思われるでしょうが、そうじゃないと思います。

元々統一教会も、朝鮮人も神社を忌禁扱いしているのです。

かつて、統一教会関連団体が靖国神社で震災慰霊祭を行おうとしたことがあります。

統一教会関連団体が靖国神社で震災犠牲者慰霊祭を開催予定、靖国神社に挨拶を依頼するも断られる?

これもすべて見せかけなのです。

日本人は、統一教会信者であっても神社にはお参りするでしょう。

ですが、朝鮮人幹部はどうでしょうか?

行くでしょうか?それも靖国に…。

はっきりと言います。

朝鮮人は敵国なのです。

なので統一教会や、朝鮮系ウリスト教、そして在日を日本から駆逐しない限り日本は滅亡の一途を辿ること子になるのです。

統一教会員の夢は天宙復帰?天国実現?

それって、何処の国にとって天国なのでしょう?

それって、誰が得する制度なのでしょう?

それって、平等を叫んで平等どころか差別が激しい共産主義に似ていませんか?

神様中心だからそんなの事にはならない?

ですが、その骨子を作製するのは朝鮮人ですよね?

後は分かると思います。

ですから、日本をめちゃめちゃにして滅ぼそうとする輩を、一日も早く在日朝鮮人を、統一教会幹部を日本から追放しないといけません。

そして、美しい伝統ある大和魂の溢れる日本をとりもどさないといけないと思います。

皇紀2677年続いた日本の歴史です。これからも神様を中心としてではなく、当然韓鶴子を中心としてではなく、天皇陛下を中心として永遠に続く日本でありたいと願っております。
posted by 田黒吾寛 at 09:17| Comment(0) | 韓国・朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

APPEL6

posted by 田黒吾寛 at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

tomutomud氏に告ぐ!! 速やかに批判・告発村から出て行って下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村


毎日3つの記事をブログ村にアップデートしているtomutomud氏に告ぐ!!!

速やかに家庭連合(統一教会)批判・告発村から出て行って下さい。

今は韓国にいるのでしたら、韓国語で帰化しているでしたら、祖国の民衆に向けてブログを書けばいいじゃないですか。

何で韓国で帰化してるのでしたら、帰化してからでもネチネチと日本にしがみついているんでしょうか?

もし、帰化してないのでしたらとっとと帰化して身も心も朝鮮人になったらいいじゃないですか。

日本の事はきれいさっぱり忘れて朝鮮のためにブログを書いて下さいませ。それが皆幸せになる秘訣じゃないかと思います。

日本人とは朝鮮に行ってまで関わる様な所じゃないと思います。

なんせ、韓国朝鮮は「主の国」ですし、日本は慰安婦なる物を作った所謂「サタン国」なのですから、関わったらあなた方の血が穢れてしまいますよ?

ですので、これ以上関わらないでください。

何故、一日3本もの記事を書いて日本と関わろうとするのでしょうか?

私にはさっぱり分かりません。

それに、批判・告発の内容ならまだ理解出来ますが、書いている記事の内容は

批判・告発する様なものではないのです。

また、1月三日のブログにはこう書いてありました。

諸般の都合によりしばらく金容成さんのブログの転載をお休みさせていただきます

http://ameblo.jp/tomutomud/entry-12233769599.html


韓国に在住の日本人が書いているとも思われます。

兎に角ウザイし、これは新着テロですので、速やかに批判・告発村から出て行って下さい。

それに、金容成氏のブログの引用ならソースもとのリンクを貼るべきではありませんか。

何故にソース元を貼りつけないのでしょうか。

そんなところからもtomutomud=金容成と間違えられるのではないかと思います。

これもはっきりした事は分かりません。

確かにすべて憶測です。

tomutomud=金容成かもしれないし、そうで無いかもしれませんが、誤解を与えるような書き方をしているのは当人なのです。

こんな怪しいブログは批判告発に必要ありません。

君の居場所は無いのです。

速やかに出て行って下さい。

出て行くまで根気よく、tomutomud出て行け!!運動を行ってまいりたいと思います。

何処ぞの村のように通報こそしませんが、出て行けの記事はこまめに書いて行きたいと思います。

皆様応援よろしくお願い致します。
posted by 田黒吾寛 at 17:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シナ人、朝鮮人、日本人の特徴

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村

シナ人は、有った事は有った事として、無かったことも有った事とするのがシナ人

朝鮮人は、有った事を無かったことにするのが朝鮮人。

日本人は、無かった事を有った事にするのが日本人。
posted by 田黒吾寛 at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする