2012年06月02日

天の声氏の堕落性丸出しの記事。

つい今しがた記事を書き上げた所である。その後ブログを見たら天の声氏が記事をUPしているので覗いてみた。

記事は小生の記事を書いていたのだ。天の声氏にも読まれているとは驚きである。「獄地獄が溢れ出しているかのような・・・ 」http://blogs.yahoo.co.jp/tennnokamisamanokoe/archive/2012/5/26?m=lc

というタイトルをつけて統一教会批判・告発村を批判・告発している天の声氏が絶対見に来るとは思えないからである。

だが事実見に来ているのだ。天の声氏の記事によると

いろんな「郭グループ」の人が「ギルドンさん」て書いていますよ。
例えば、〔Kotenjiのブログ〕さん
http://ameblo.jp/kotenjidai/entry-11173010222.html
いろいろな情報は、ギルドンさんやパシセラさんが出してくれますが、私のところには「真の家庭を愛する会」からのメールが時々流れてきます。
と書いていますが、ちゃんと指導してあげてくださいよ。吾寛さん。
こういうのってダブルスタンダードて言うんですよね。
天の声ブログ
、「田黒吾寛」さんのアホくさい”いちゃもん”
http://blogs.yahoo.co.jp/tennnokamisamanokoe/archive/2012/6/2

だそうだ。

ここで小生はKotenjiのブログに書いてあること自体知らなかった。読んでないからだ。小生も知らないものはかけない。ゆえにダブルスタンダードには当たらない。

ただ事前に知っていたらKotenjiのブログの方も指摘させていただいただろう。

天の声氏の記事は「あの人も書いてるじゃん。どうしてボクばっか責めるのよ。」と言っているようにしか思えない。

つまり堕落性の責任転嫁である。いちゃもんというくくりでレッテルを貼り自分の書いたことを反省もせず人も書いていると告発する卑怯な姑息な手法である。

天の声氏は人の事よりも自分の態度を省みるべきだろう。反省しないなら堕落性丸出しのブログになってしまうだろう。

それにこれはイチャモンではない。批判・告発である。

文言は正しく使って欲しい。幼い天の声氏にお願いするのも過酷な気もするが・・・。

と思った方はクリッククリック(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村

天の声氏は統一教会批判告発を批判告発したいのなら「統一教会批判・告発 批判・告発」サブカテゴリーを作ってもらえばいいだろう。
わざわざ見に来るくらいだから作ってもらってそちらに移住したらいかがだろうか。
posted by 田黒吾寛 at 16:48| Comment(0) | 悪霊の子分達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

天の声ブログの捏造? 文言は正確に書くべきだ。

ブログを見ていたら天の声氏の天の声ブログに驚いた。

引用しよう。

>今、「統一教会批判・反対派」カテゴリを見たら、個人攻撃と捏造記事だらけで、まるで地獄の風景でした。
天の声ブログ
地獄が溢れ出しているかのような・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/tennnokamisamanokoe/archive/2012/5/26

メインカテゴリー哲学・思想のサブカテゴリーで存在するのは「統一教会 批判・告発」カテゴリーである。

どこに統一教会批判・反対派カテゴリーがあるのだ。教えてもらいたいものだ。

それとも天の声氏が作って欲しいと要望でも出したのか。

続けて読み進めてみると下記のように書いてあった。
引用しよう。

>ギルドンさんが、最近記事で反対派擁護の姿勢を見せています。
天の声ブログ
地獄が溢れ出しているかのような・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/tennnokamisamanokoe/archive/2012/5/26

はて?ギルドン氏なる人物が統一教会サブカテゴリーに居たかな。

読んでいたら途中で誰の事かわかった。どうやらgildong氏のことらしい。

人の名前を勝手にカタカナ表記で記すとは失礼にも程があると言うものだ。
人の名前にはそれぞれつけた人の思い入れがある。その名前を勝手にカタカナ表記されしかもその読み方が正しいのかすら分からないのだ。

ここは「ギルドンさん」とは書かずに「gildongさん」と書くべきだ。こんなこと注意する事自体恥ずかしくて仕方が無いのだが教えてあげないと分からないままだろうからしょうがない。

「統一教会批判・反対派」と言う表記にしても自分勝手に解釈して捏造しているのは天の声氏ではないだろうか。

訂正するにしても今となってはお詫びの記事を載せるべきだろう。おそらく絶対に訂正しないと思うが。何故なら訂正したことで負けを認めたことになるからだ。かんご氏がいまだに「興味津々」を訂正していないのと同じである。

最新記事では
>かんごさんのブログ『統一教会の真実』で読めば、かんごさんの関心は主として「韓日関係」とそれに付随する「従軍慰安婦問題」や「郭グループ」関係や「古代史」に向けられている。最近ではヨガや整体の話題にも触れています。
同 上
必死になっている?
http://blogs.yahoo.co.jp/tennnokamisamanokoe/archive/2012/5/28?m=lc

それならばかんご氏は統一教会サブカテゴリーに居ても意味がないと言うことである。
日韓関係やら従軍慰安婦問題やら統一教会批判・告発やら古代史問題やらのサブカテゴリーに移動していただいたら如何だろうか。

或いは「天皇改宗」と言うサブカテゴリーを新設していただいてそちらに移住が適切だと思うのだが。天の声氏にはぜひとも必死になってメインカテゴリー宗教・哲学のサブカテゴリーに「天皇改宗」と言うカテゴリーを村長に要望していただきたい。

「天皇改宗」カテにかんご氏とかんご派が移住していただければもっと住み良いブログ村になると思うのだが。

と思う方はクリッククリック(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村

ステラ様の記事にクリッククリックがなくなっていた。メニュー欄にブログ村バナーが埋め込まれていたのだ。少し残念に思う。
ステラ様のウイットの効いたクリッククリックが読みたいと思ったのである。寂しい限りである。ステラ様どうか戻ってきてくだされ。(笑)
posted by 田黒吾寛 at 14:37| Comment(17) | 悪霊の子分達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

天の声=サムライソウル氏。菠薐草の勧め。

ブログを見ていたら天の声ブログが目に留まった。
件のなっちゅさんの事件をいつも私の隣に神様ブログの記事を引用して感想を述べているものだ。
天の声氏は最後にこう述べている。引用しよう。


>確かに疑問だらけでした。
どうも全てが詐称のようでした。

女性である・・・というのさえも疑わしい。
天の声ブログ
全てが詐称かも知れない
http://blogs.yahoo.co.jp/tennnokamisamanokoe

ここで気になったのが氏は「確かに疑問だらけでした。どうも全てが詐称のようでした。」と述べている点だ。「疑問だらけでした。」と言う表現はなっちゅさんからメッセージを受け取った人物しか使わない表現である。「詐称のようでした。」ここも同じである。

第三者が客観的に何時も私の・・・ブログを読んだ感想なら「確かに疑問だらけです。」「どうも全てが詐称のようです。」と表現する。だが天の声ブログで天の声氏は「だらけでした。」「ようでした。」と表現しているのだ。あたかもメッセージを受け取ったような表現である。

以上の事から推理すると天の声氏はサムライソウル氏である。氏のブログ神様ありがとうでは下記のように記している。引用しよう。

>この問題に対してこれ以上特に言うことはありませんが、
あまり誹謗中傷が激しいようなら、その都度反論はしようと思います。
神様ありがとう
事の次第について
http://ameblo.jp/rev-yo-suke/

上記の記事以来ブログの更新はされていない。自分からこの話しは打ち切りにしようと言い乍別のブログを立ち上げ別キャラとしてなっちゅさん問題を取り上げているのだ。たが投稿した記事の表現で明らかになってしまった。よほどなっちゅさんが腹に据えかねたのだろう。

またサムライソウル氏は記事でこうも述べている。

>真の御父母様の認識が正しい認識であると考えていますので、それに従うまでです。
神様ありがとう
事の次第について
http://ameblo.jp/rev-yo-suke/

では問いたい。メッセージでグルッぽ入会の身元確認のために独身女性と会っても良いと文先生は仰ってるのか。見てみたいものだ。どこに女性と会っても良いと言うみ言葉あるのだ。「二人っきりで会おう」とは言ってないなんていうのは通じない。統一教会信者だったら分かるはずである。あくまでも違うと言うのならば先ずはなっちゅさんの所属の教会に確認を取るの筋だろう。
メッセージも何処に住んでいますか。をいきなり書くのではなく最後の方にでも「何処の教会に所属していますか。私から所属の教会のアベルに許可をもらいます。」と書くのが筋ではなかろうか。もちろんアベルを通してである。しかもメッセージには聖恩感謝申し上げます。と言う教会の挨拶文が一言も無かった。ホントに繋がってるのだろうか。
疑問である。

アダムエバ問題は今も昔も激しく分別されている。
車に乗せる時も女性は助手席には座ってはいけないのだ。握手もしてはいけない。今はどうか知らないが昔は茶碗から箸から皿から全て分けられていた。それほど徹底していたのだ。それに何よりサムライソウル氏はアベルに「グルッぽに入れるため身元確認のため女性に会う旨のメッセージしていいか。」と報告していたのだろうか。そして「もし会うことになったら地方に出かけていいか。」とアベルに報告していたのだろうか。
疑問である。ホントに繋がっているのだろうか。

天の声氏=サムライソウル氏はどうも菠薐草が足りないようなので菠薐草をお薦めする。菠薐草を良くしてポパイみたいになってもらいたいものだ。だが今回ばかりはオリーブを奪っていくブルータスに成り果ててしまったようだ。

と思う方はクリッククリック(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村

アンケート結果でも13人中8名が会わなくても良かったと回答しているのだ。サムライソウル氏は猛省をすべきだろう。ten1ko2氏は教会のスタッフだそうだがブログは失望させられる記事であった。


posted by 田黒吾寛 at 15:06| Comment(4) | 悪霊の子分達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする