2013年12月23日

【慶祝】天皇陛下傘寿謹んでお祝い申し上げます。

天皇陛下傘寿謹んでお祝い申し上げます。
今日は天皇陛下の傘寿のお祝いです。
何時までもご健康で日本が千代に八千代に続くことを祈念いたします。

すめらみこと、いやさか!

「被災者のことを思い、国民みなの幸せ願う」 皇居で一般参賀
2013.12.23 11:40
天皇陛下の80歳の誕生日を祝う一般参賀の人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=23日午前、皇居・宮殿(三尾郁恵撮影)
天皇陛下の80歳の誕生日を祝う一般参賀の人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=23日午前、皇居・宮殿(三尾郁恵撮影)

 天皇陛下の80歳の傘寿(さんじゅ)のお誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。陛下は、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまとともに宮殿・長和殿のベランダに立ち、にこやかに手を振って、集まった人々にお元気な様子を見せられた。

 大勢の人々が日の丸の小旗を振るなどして祝福するなか、陛下はマイクを通じてあいさつされた。東日本大震災や土石流が起きた伊豆大島の台風被害などに触れた上で、「これからも被災者のことを思いつつ、国民みなの幸せを願って、過ごしていくつもりです。来る年がみなさんにとり、良い年であるよう祈っています。ありがとう」と述べられた。

 午前中には、宮殿で皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方や、宮内庁職員らからの祝賀もお受けに。午後には安倍晋三首相ら三権の長らによる祝宴や、各国の大使を招いた茶会などがあり、夜まで多くの祝賀行事に出席される。

 夕方には未成年のお孫さまの敬宮愛子さま、佳子さま、悠仁さまが御所を訪れ、お祝いのあいさつをされる予定。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131223/imp13122311430007-n1.htm


【皇室】天皇陛下 80歳、傘寿の誕生日

天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。

天皇陛下は、誕生日を前に、皇居・宮殿で記者会見に臨まれました。

この中で天皇陛下は、80年を振り返って最も印象に残っているのは、
日本人のおよそ310万人が犠牲になったと言われる先の戦争のことだと述べ、
「前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、
本当に痛ましいかぎりです」と話されました。

そして、「戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の
わが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています」と述べられました。

また、「戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、
人と人の絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、
本当に心強く思っています」と話されました。

そのうえで天皇陛下は、「傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、
わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと
思っています
」と語られました。

また、これからの人生の歩みについては、「年齢による制約を受け入れつつ、できるかぎり役割を
果たしていきたい」と述べられました。さらに、「天皇という立場にあることは、孤独とも思える
ものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を
得ました
」と話し、「皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、
これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています」と語られました。

一方、オリンピックの招致活動などを巡って論議が見られた皇室の活動と政治との関わりについて、
天皇陛下は、「日本国憲法には『天皇は、国政に関する権能を有しない』と規定されています。
この条項を遵守(じゅんしゅ)することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています」と
述べられました。

そのうえで、「問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあります。
そのような場合はできるかぎり客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長官や
参与の意見を聴くことにしています」と話されました。

皇居では23日に一般参賀が行われ、天皇陛下は皇族方と共に、午前中3回、宮殿のベランダに
立ち、お祝いを受けられます。

天皇陛下の80年の歩み
昭和天皇の長男で、皇太子として生まれた天皇陛下は、戦争が続くなかで子どもの時期を過ごし、
11歳で終戦を迎えられました。

戦後の復興期に青春時代を送り、大学生活を終えた翌年、軽井沢のテニスコートで
皇后・美智子さまと出会い、25歳で結婚されました。

一般の家庭からおきさきを選んだのは初めてで、祝賀パレードに50万人を超える人たちが
詰めかけるなど、多くの国民から祝福を受けられました。皇后さまと、国内外で公務に励むと
ともに、3人のお子さまを手元で育て、新たな皇室像を示されました。

昭和天皇の崩御に伴い、55歳で、今の憲法の下、初めて「象徴」として天皇に即位されました。
天皇陛下は、翌年の記者会見で、「日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴として現代に
ふさわしく天皇の務めを果たしていきたいと思っています」と述べられました。

天皇陛下は、一貫して先の大戦と向き合われてきました。毎年8月15日に全国戦没者追悼式に
出席して、戦争が再び繰り返されないよう願うおことばを述べられています。

戦後50年を迎えた平成7年には「慰霊の旅」に出かけ、被爆地広島と長崎、
そして地上戦が行われた沖縄などを訪ねられました。

さらに、戦後60年には、太平洋の激戦地サイパンを訪問されました。
天皇陛下の強い希望で実現した異例の外国訪問でした。

天皇陛下は、また、皇后さまと共に、全国各地の福祉施設を訪れるなどして、
社会で弱い立場の人たちを思いやられてきました。障害者スポーツにも強い関心を持ち、
全国身体障害者スポーツ大会が開かれるきっかけを作るとともに、
平成に入って皇太子ご夫妻に引き継ぐまで、大会に足を運んで選手らを励まされました。

大きな災害が相次ぐ平成の時代。
両陛下は、被害を受けた人たちに心を寄せ続けられてきました。始まりは平成3年。

雲仙普賢岳の噴火災害で43人が犠牲になった長崎県島原市を訪れ、体育館で
ひざをついて被災者にことばをかけられました。その後も、平成7年の阪神・淡路大震災など
大きな災害が起きるたび現地に出向き、被災した人たちを励まされてきました。

おととしの東日本大震災では、発生から5日後にテレビカメラを通じて国民に語りかけ、

その後、7週連続で東北3県の被災地などを回られました。
その後も再び東北の被災地を訪問するなど、天皇陛下は、皇后さまと共に国民に寄り添い、
世界の平和と人々の幸せを願い続けられています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131223/k10014040061000.html


天皇陛下傘寿.jpg
皇居の一般参賀(今日陛下は傘寿を迎えられる)

天皇陛下傘寿2.jpg
一般参賀の様子陛下と皇太子親王と雅子妃殿下。

天皇陛下傘寿3.png
天皇陛下と美智子妃殿下

天皇陛下万歳.png
陛下の傘寿を祝うAAアート。


天皇陛下万歳!!

陛下のお姿があってこそ日本は元気を取り戻せます。陛下こそ日本に無くてはならないお方です。

何時までもいつまでも皇族のご繁栄を祈念いたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村
posted by 田黒吾寛 at 13:28| Comment(0) | 真実の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

今日から10月です。どの面下げてくるのでしょうか?

今日から10月です。

10月といえば、統一教会の総裁が日本にやってくるそうです。

なんでも総裁が言うことには「韓国の摂理は失敗した」と明言されたそうですが、日本にどの面下げてやってくるのでしょうか。

そしてその目的は何なのでしょうか?

韓国の摂理失敗の総括もせずに失敗したというだけなら誰でも出来ると思うのですが、総裁であればこそ総括し今後の教訓にすべきなのにその重要な点が省かれているように思います。

まあ〜、朝鮮人ですから反省なんてしないだろうし失敗も人の所為にするか、サタンの所為にするのが何時ものことです。

韓国の摂理失敗もサタンの所為にして誰も傷つくことなく責任取ることなく「前進あるのみ」なのでしょう。

だいたい、韓国の摂理って一体なんなのですか?そして何処からおかしくなってきたのかも説明しないと納得行かないと思いますけど、全てをなしたというあの文言は何だったのでしょうか。

完結・完遂・完了なんていってましたけど失敗しても完結・完遂・完了なのでしょうか?

不思議な所です。矛盾さえ気が付かないところなのかもしれません。

これも朝鮮人と関わったら不幸になる典型でしょう。

日本に来なくても別にいいのにと思ってしまいます。

日本に来るな!と申し上げておきたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村
posted by 田黒吾寛 at 02:13| Comment(0) | 真実の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

【速報】2020年 オリンピックの開催国決定!!!!!!!

ブエノスアイレスで行なわれていた2020年オリンピック開催国が決定しました。

2020年は 東京に決定しました!!!

おめでとうございます。


散々韓国が妨害していた東京オリンピック誘致ですが、無事に2020年9月8日午前5時20分に発表されました。

私は一晩おきてずーーーーーーーーとニコ動を見ていました。(笑)

韓国は2020年の出場を放射能が〜〜とか言い出してボイコットする事を希望します。(笑)

ですが、事体主義の国です。直ぐに日本に言い寄るのではないかと思っています。

矜持もへったくれもない朝鮮人ですから1分前に放射能がーとかいっていても直ぐに言い寄るという何のプライドも無い朝鮮人です。

なので今後東京に決定して韓国メディアがどう動くのかがタノシミです。

また面白いネタを提供してくれることと思います。

とりあえずは2020年のオリンピックは東京に決定したことを素直に喜びたいと思います。

∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

ヾ(^▽^ヾ)バンジャーイ

オメ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━━ !!!

東京万歳〜〜〜〜!!!!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村


ぶっちゃげ、韓国は日本が羨ましくてしょうがないのではないでしょうか?_

日本:韓国に聞きたい「ねえねえ〜今どんな気持?」

17773556_m.jpg
posted by 田黒吾寛 at 05:32| Comment(4) | 真実の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

竹島の海底が泣いている。朝鮮人がゴミを捨て放題で生態系に影響。

竹島周辺の海、各種ゴミで生態系に悪影響が進んでいる(By SBS)
人が住めない島(岩?)に無理して人や物を持ち込んだ結果でしょうか。


独島(竹島)周辺の海が各種ゴミで汚されているというニュースは、前にも何度かありました。


そんなに独島が大事で、どんな犠牲を払ってでも守りたいものなら、こんなニュースはもっと大きく、広く扱われるべき・・・ですが、なぜかウヤムヤにされてきたのが事実です。


今日、ちょうど22日の8時ニュースで、この話題がまた上がって来ました。


長くない記事なので、全訳します。




↓全訳、スタート↓


『<アンカー>

独島は私たちの領土だ!と叫ぶ時には、独島を守るために何でも行うかのように熱心ですが、独島は今、海の中や外でゴミによって疲弊しています。清浄独島を脅かす最も直接的な存在は、日本の右翼ではなく、私たちです。


<記者>

夏が深くなる独島の海。海の中は緑豊かな森を成した海藻類が豪華です。

しかし、よく見ると、あちこちに巨大なゴミの山が見えます。網とロープが高さ4〜5m、周囲10 mの大きさで乱れ、縺れています。
SBS竹島の海底1.jpg


<ホン・ソンフン/韓国水中環境協会会員のインタビュー>

「ダイバー4人〜5人が手広げても掴めない程度の塊になっていて・・。 それを(海から)取り出すには、一般の人々の力では困難で・・クレーンや船でもないと・・・」



もう少し海の中を進んでみると、ロープと(漁に使う)カゴなどが取り付いた鉄製の構造物も目に入ってきます。漁船が床にかかった網や道具を捨てまくったからです。

海はますます汚染され、魚介類は減少しました。

SBS竹島の海底2.jpg



<キム・ソンド/里長のインタビュー>

「網とかトンバル(※海で使う大きな筌(うけ)みたいなもの)とか持ってくるからな・・・ちっこいのまで全部入っちゃうのに・・(=幼い魚まで獲りまくっている)」



各種工事や訪問者の増加にゴミが増え、水温上昇も重なって、海洋生態系に有害なゲッノグム(※韓国語で海の白化現象のこと)まで広がっています。

SBS竹島の海底3.jpg


<キムソンド/里長>

「タバコくわえて散歩するのがよく目につきますよ。ここで吸うなよ・・というと・・こんなところでもだめなのかよと」



独島の海中に放置されたゴミは、ざっと30トン。国民の誇りであり、海洋生態系の宝庫である独島。

国民の熱い関心と愛に劣らない、それに見合った実践的な保存の努力が欲しいところです』



↑全訳、ここまでです↑

http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20130722210607718

http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11578130215.html


シンシアリーさんのブログです。
リンクに動画も載っています。ご覧になってください。

朝鮮人は自分勝手ですから自然を大切にするなどという思想は持ち合わせていません。こんな朝鮮人に管理される竹島の海がかわいそうでなりません。

竹島周辺だけでもゴミが30トンというとんでもない数字です。野蛮人には動物を愛する等というのは無理なのだと思います。

そういえば、文ファミリーも犬を飼うとか猫を飼うとか、小鳥を飼うなど言うことはしてませんし、犬をかわいがる姿とか見たこと無いです。

朝鮮人ですから犬も食料の一つであってそれ以上のものでもなんでもないと捉えているのかもしれません。

しかし、こんな状態で万物主管? 朝鮮人には無理でしょう。せいぜい日本人からお金を巻き上げるくらいしか出来ないのが朝鮮人です。

竹島よ!!いずれ救出してあなたの海底を奇麗に掃除してあげるこれが日本人の心です。竹島がいまサタンによって蹂躙されていると思います。

蹂躙されていないのであれば何故に竹島の海底にはゴミだらけなのでしょうか?蹂躙されて毎日ゴミに泣いているのが竹島ではないでしょうか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村

竹島がかわいそうでならないと日本人はみな思うことでしょう。これ以上朝鮮人の好き勝手にさせることはできないと思います。

posted by 田黒吾寛 at 20:42| Comment(0) | 真実の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

統一信者の一般的な考え方。

当該ブログ主によると

「日本人は隣国朝鮮人を許していただけないほど虐殺した先祖だったと歴史が物語っています。なにはさておいても謝罪すべきが人間じゃないでしょうか?たとえ「死んでみろ」といわれたとしても。」
http://ameblo.jp/goodlife1000/entry-11401772178.html

だそうです。

>朝鮮人を許していただけないほど虐殺した先祖だったと歴史が物語っています。

要は、

日本人は朝鮮人を虐殺した先祖だったと歴史が物語っていると言っています。

どこにそんな歴史があるのでしょうか。

多分このことを指しているのでしょうが、

歴史的な条件を果たした「柳寛順烈士」は体をばらばらにされても信念、信仰を曲げなかった、イエス様と同じ信念の力がありました。


体はバラバラにされませんし、それにこれは単なるデモにしか過ぎません。3.1運動以降日本が待遇を変えたら何のデモも暴動も起きていないでは有りませんか。

文教祖と統一教会は柳寛順の万歳運動を自分たちの為に利用したに過ぎないのです。

それに当該ブログ主は、非常に偏った思想の持ち主です。

以下は宗族的メシア様へのコメントです。

ご存知のようにアメリカは「共産主義であった日本の自由主義」にするために戦争をしかけてきました。
 この戦争で「言語も英語でしゃべりなさい。」とか言いましたか?強制的な政治的な統治がなされましたか?どうみても侵略ではありません。
真珠湾攻撃はどう見ても「テロ行為」です。
http://ameblo.jp/souzokutekimeshiya/entry-11569445893.html


何を言っているのかさっぱり分りません。

「共産主義であった日本自由主義」文法上もおかしいことに気付かないのでしょうか。
文法上修正するなら以下のようになると思います。
「共産主義であった日本自由主義」にするためになら理解できます。

共産主義であった日本の自由主義と書けば日本の自由主義の、「の」は所有格で、日本に係ります。
日本は自由主義となりますしでは「共産主義であった」とはなんなの?となります。理解できません。

コメントくらいまともに書いてもらいたいものですね。宗族的メシア様もさぞ困惑されたことでしょう。(笑)

しかし、統一教会信者の一般的な考え方は日本は、朝鮮を侵略した。日本は謝罪と賠償しる!と思っていることです。

そして何よりも朝鮮人の行なった残虐非道な行為には目を瞑っていることです。

ベトナム戦争時のライタイハンの事実や、竹島を占領する為に朝鮮人は日本人44人を殺害し4000名近くを拿捕捕虜にした事実。

和夫一家惨殺事件、そして最近では、「生粋の日本人か?」と質問して「そうだ」と答えた日本人をナイフで刺し殺すという事件があったにもかかわらずブログには誰一人として記事にしていません。

日本人が朝鮮人化している、この事が一番危惧されることではないでしょうか。
日本は日本人の為のものです。朝鮮人に味方する「ハンオチョンコ」は下朝鮮にでも行ってそこで献身なり自説を説けばいいと思います。
統一教会は、在日と一緒に出て行けと思います。
いずれなくなる統一教会ですが一日も早く、一分一秒でも早く消えて無くなれと思います。
政治にしろ、会社にしろ、宗教にしろ朝鮮人は日本にどれだけ迷惑をかければすむのかと思います。
朝鮮人は、少しは自立してその依存癖を直したらどうでしょうか。
それもむりか、李氏時代から依存癖付いているからDNAがそうさせているのでしょうね。
兎に角日本に関わらないでもらいたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村

今回は変な記事になってしまいました。あまりうまくまとまってなくて申し訳ありませんでした。
posted by 田黒吾寛 at 08:56| Comment(5) | 真実の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。