2017年01月15日

日本の憂うつと韓国のゆう鬱

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村


日本の憂うつは、何時まで経っても自立しない駄々っ子みたいな韓国がお隣に有ることでしょう。

韓国のゆう鬱は、何時まで経っても自立させない駄々っ子にお小遣いあげちゃう日本がお隣にあることでしょう。


駄々っ子になる国と駄々っ子にさせる国…。

どちらの国のためにとっても良く無いと思います。

ですのでここは一度距離を置いて突っぱねるのも一つの選択肢であると考えます。

即ち、国交断交して距離を置きましょう。

夫婦でも冷却期間と言って、距離を置くために別居する夫婦もいると聞き及んでいます。

友達でも、一度冷静になるために、連絡も取らず頭を冷やすと言う人達もいると聞き及んでいます。

ですから、本当にこのままでは日本も、お隣さんも今までの関係をずるずる続けていたら、甘やかす親と甘やかされる子どもと全く同じではないですか。

ですので、一度ここはガツンと国交断絶して、突き放して関わらないようにしたが良いのではないかと思います。

それがお互いの未来の国益になると思います。
posted by 田黒吾寛 at 08:48| Comment(3) | 韓国・朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日韓断交〜賛成です。
統一教会文鮮明が戦後、ユダ組織と結託してしてやってきた悪事を考えると、断交しかないですね。
世論は、現状から判断しますが、ウラ工作のおぞましさは、これ以上見逃すわけにはいかないですよね。

信者は、文鮮明が岸信介や国家レベルの人間に会い工作してきたことを美談として、報告したり、金日成との会談も文鮮明を賛美する報道にすりかえる。
そのウラで、日本の弱体化、日本国民の奴隷化をすすめてきたということを、信者には、絶対わからせないようにしてきた。その証拠として、日本の多くの青年男女が大量洗脳伝道され、彼らは文鮮明の集金マシーンや活動家となっただけである。本来の能力や技術やつぶされ、人間性も奪われ、日本国にとっては、マイナスとなったばかりでなく、社会悪〜犯罪にまで進展した事件もある。まだ、鶴子教団や、文一族のカルトに執着したいのだろうか。


文鮮明とロックフェラーの会話
ロ)おぬしも悪よのう
文)いえいえお代官様ほどでは
Posted by カラス at 2017年01月15日 20:31
カラス様へ

コメントありがとうございます。

>日韓断交〜賛成です。

ホント日韓国交断絶しないといけませんね。

韓国政府は、慰安婦像設置を市民団体が勝手にやった事として静観しますし、釜山売春婦像は外交部が釜山市長に丸投げしています。

もう、朴クネ政権が弾劾受けてから無政府状態です。

今の韓国は李氏朝鮮末期、大韓帝国末期に非常に酷似しています。

なので、今度こそ100年前の轍を踏む事無く、日韓断交してお隣どうし、近づかない方針で言って欲しい物です。

統一教会勿論、宗教法人取り消し、朝鮮人排除でお願いしたいものです。

日本の癌はシナ朝鮮と決まっているのです。

統一教会会員は日本の敵が何処かを見抜く洞察力が無いのに、なんで国を復帰できるのか不思議でなりません。

もちろん、徳野もおなじです。

なにが、1教区で3000名集めることが出来れば、全体で20万のシックと70万の教会員を集めることが出来るですか、それでも国は復帰できませんよね?と徳野似ってあげたいです。

あの顔見るともう気持ダダ下がり、寧ろ腹立って来ます。
Posted by 田黒吾寛 at 2017年01月16日 19:30
日韓国交断絶賛成です!

現在、韓国人と直接人間関係を結んでいない日本人でさえ韓国人の常軌を逸した被害妄想反日感情の異常性を感じて嫌韓日本人が増えて来ました。

恨侮反日朝鮮血分けカルト統一教会韓国人と生活を共にした私は良く知っています。

韓国人は日本人が同情したり憐れんだりしたら、そこからツケコンデ、感謝もせずに当然の権利かの様にして、奪い続ける、人間の糞の様な人間性を持つ民族だと私は朝鮮人と約20年間付き合って来て嫌になる位思い知らされました!

国交断絶!そして、在日朝鮮人、在日韓国人、在日ヤクザ、在日犯罪者、詐欺カルト統一教会=ボッタクリ強制献金命令する世界平和統一家庭連合の韓国人責任者達は即、韓国に帰って貰うべきです!

一旦、距離を置いて頭を冷やさないと、反日カルト国家韓国と北朝鮮、恨憎侮日朝鮮民族主義血分けカルトのボッタクリ詐欺洗脳カルトの統一教会=世界平和統一家庭連合=文鮮明教祖や韓鶴子独生女の本質は見えてて来ないと思います。
Posted by レモン at 2017年02月12日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]