2017年01月10日

何時も思う事ですが、なんで説教に人類始祖?の話を枕詞のようにしなといけないのでしょうか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村


最近うんざりなのが韓鶴子の説教の冒頭部分です。

韓鶴子の説教を紹介しているいつもの〜ブログを読むと冒頭は決まってアダムトエバガ〜〜。ロクセンネンノレキシガー、キリストキョーガーと毎回毎回枕詞のようになっています。

アダム・エバの堕落によって、天は悲しく苦労の多い路程を辿られながら、蕩減復帰摂理歴史を導いて来られざるを得なかった悲しい事情があります。
太初に神様が天地万物を創造され、人間先祖となることのできるアダム・エバを創造しました。
見るによく、美しいと言われました。
ところで特別にアダム・エバには責任を下さいました。
成長過程を通じて神様と絶対的に一つになった立場で成長しなければならなかったのです。
その祝福を受ける立場が、神様が人類の真の父母になる立場なのです。
それが天地創造をされた神様の夢でした。
ところで責任を果たさなければならないアダム・エバ、サタンの誘惑に落ちたとか、欲心が生じたのです。
自分というものが入り始めたのです。
天地人真の父母様主管青年集会
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/445623089.html


これが枕詞のようになっているのを感じますが、こんな話で信者は感動するのでしょうか?

マンネリ化してはいませんか?とも思ってしまいます。

まぁ〜どーでもいいんですけどね。

後、思ったのがこの話を入れないと尺の関係上引っ張れないのかもしれませんね。

つまり、尺をもたせるための枕詞となっている説。

枕と言えば、韓鶴子は枕営業したことあるのでしょうか?

一説にはだれだれとアレだったとか誰誰とアアだったとかブログでもセンセーショナルで賑わせますがいつの間にか立ち消えになってしまっています。

本当のところはどうなんでしょう?

今の、本家の関心事は、「文鮮明はアタシが教育してやったようなものよ!!」とか「アノ人はアタシと結婚するまで他の人と結婚しちゃダメだったんよね。」とか「アノ人原罪あるわよ!!ぇ?アタシ?アタシは無いわよ当然でしょ?だって、アノ人兄弟沢山いるのよ?その中の一人だけ原罪が無いっておかしいでしょ?アタシはまぁ〜ほら娘3代続いた家系でしょ!文家とは違うのよ」とか色々言いたい事を言っているようですね。

そのことを言った言わない、本当だ、妄想してる、受け入れられない等と喧々諤々の本家村となっているのはご存知の事と思います。

まあ、これも朝鮮人韓鶴子として見ると良く理解できるものです。

何時も言いますが、朝鮮人は、古くなるものを穢れと捉えます。そして新しいものはその穢れを否定するところから始まるのです。

ですから、古くから伝わる伝統など有りもしないのです。

日本では、創業200年とか、800年とかの所謂老舗というのが存在しますが、韓国にはそう言うのは有りません。せいぜい、建国70年でしたら創業70年程度が精いっぱいなのです。

で、韓鶴子が文鮮明から引き継いだ団体は自分色に染めなくてはなりません。夫の伝統を守って行くと言うのは朝鮮人としては有り得ないのです。

ですから、自分色に染めるために文鮮明の否定から始まるのです。

文鮮明の否定。

つまりそれは、文鮮明の残したものを全て壊すことです。急に壊したら元老達の反発を買います。それで徐々に静かに文鮮明の足跡を排除して行きます。

家庭明誓の文言の修正、天の神様を天の父母様と変更、父母経をだし、赤表紙の天聖教を作り、成約問答を簡易化するなど悉く文鮮明の面影を否定して来ました。

そして、その集大成が、独生娘と独生女です。

独生女と宣言することによって文鮮明より上に立ちやっと朝鮮人としての女王となるのではないかと思います。

これは、逆に言うと、自分が引退した時にはそっくりそのまま韓鶴子の否定を次期総裁が行うことに他ならないのです。

これじゃあ発展しようが無いと思います。

これは、他の所でも見られます。

先ずは大統領、大統領になった人たちは引退後は必ず収監されるか、告訴されるか、殺害?自殺?するなどして悲惨な人生を辿っているのです。

これも、先ほど述べましたように、先代の否定、これから始まるのが韓国民族だからなのだと思います。

統一教会を別の言い方で表すならば、

先代の 否定で始まる 統一教会

となるのではないでしょうか?


実に朝鮮人にふさわしい組織だと思います。

posted by 田黒吾寛 at 18:30| Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]